ちょっぴり恋しい私の思い出の土地

最近購入したばかりのZARAのトラ柄?何柄なのかちょっとよくわからないトレーナーを今日着て気分だけはルンルンでいました。来ている洋服ってその日の気分を決めません?私は、そうです。なので、会社で誰にも話しかけられたくない日(最悪w)は、私は全身真っ黒の格好して、もうコナン君の黒ずくめの集団なんじゃないかなって思われてる気がします😊

今朝のニュースで今日の朝は一番冷え込んだなんて言っていましたが、気づいたら本当にもう冬ですね。秋来たっけ?と最近とても思います。寒い季節は、お鍋とかがおいしい季節なので、嫌いではないのですが、寒すぎるともう身体中がバキバキになってしまいます。これは、年齢のせいなのでしょうか。(きっとそうだよってつっこまれそう)

以前にも書きましたが、私約1年ほどシンガポールに住んでいたことがありました。いままで、アメリカ、韓国と四季がある国には住んだことは過去にあったのですが、1年中暑い国は、シンガポールが初めてでした。四季があると楽しみもそれぞれ違うので私は四季がある国のほうが好きです。けれどもシンガポールから帰国してからもう3年以上が経ちますが、帰国してからというもの、寒い季節が来るとちょっぴりシンガポールが恋しくなったりします。これって本当にないものねだりですよね。

ただ、シンガポールは湿気が多く、ジメジメとした暑さなので、住んでいてそこの部分が本当に嫌いで仕方ありませんでした。(笑)なので、住んでいたころ、毎日Tシャツにショーパンでした。年中暑いと、着るものが楽なのでその点では最高ではありました。面白かったのが、年中夏の国なのに、9月ごろから時期的に多くの国は寒くなると同時に、シンガポールの洋服屋さんで冬物を販売していたのです。確かに、シンガポールからどこか寒い国に旅行したりなどだったら、暖かい服を買う必要があるので、需要がそれなりにあるのはわかります。ですが、じめじめーっとした暑さの中で、毛皮のコートが売っているのを見たとき、余計に暑くなりました。(笑)

そんな暑い国のシンガポールでしたが、よくお鍋を食べる習慣があったような気がします。ビルの中がクーラーが効いていて寒いからとかなのでしょうか。中華系の方が多いので、文化的によくお鍋を食べるのかなとも思ったり。私、シンガポールで飲食店の立ち上げの仕事をしていたのですが、その中でしゃぶしゃぶがあって、「え、需要あるの?」とか最初思っていましたが、お鍋をよく食べる人たちなのでしゃぶしゃぶは結構、意外にも人気だったのです。よく火鍋とか食べたな~なんて書きながら思い出しました。現地の仲良くしていたシンガポール人の方がよく連れて行ってくれた火鍋がもうめちゃくちゃおいしくて、、あの味忘れられないです、本当に。帰国後にあの味が恋しくて、日本でいくつか有名な火鍋のお店に行ったりもしましたが、あの味ではありませんでした。。台湾にもあるみたいで?、いつかまた食べたいなんて思っています。。一応リンクを貼っておきます!→Beauty in the pot シンガポール行く機会があれば、ぜひに行っていただきたいごはん屋さんです♪

コロナが落ち着いたら、シンガポール遊びに行きたいな~なんて思うので、早くコロナ落ち着くことを願うばかりです。

では、では、みなさま本日もお疲れ様でした♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA